BLOG

きのこま

bitepickstick  2000+tax  キャンドルスタンド 1000+tax

朝、ショップのお掃除をしていたら母が植えた種が勢いよく発芽して育っていました。何かのお野菜らしいのですが頂きもので「ねぎかとおもったんだけどちがうね」と言ってました。寒くても植物は強いですね。見習わないと。ルーティーンというほどではないですが、時間通りにお掃除と洗濯と身支度ができるともう一日ハッピーな気分になります。単純です。そういえば、部屋の窓ふきをしようと思ったら、謎の的が貼られていました。次男の仕業なんですが。それとコーヒーを飲む前に筆者の実母にお線香を。毎日欠かさずではなくお仏壇も無いのでちょっとだけ手を合わせるための写真とお香立て。bitepickstickは爪楊枝入れだけでなく短いお線香にぴったりなのです。それと、キャンドルスタンドに箸置きを置いて、その上にはミシンのボビン。亡くなった人への心のよりどころは自分のために必要らしいですよ。

そうそう、うれしいかったことがありました。壊れたPCが直ってきました。バックアップは取れていたので買換えたものを使用してましたが、元通りに戻ってきたPCにびっくり。メーカーさんにはすぱっと断られたのですが、とある方にお願いして本当によかったです。消耗品だと思っていたけどそうじゃないんだな、と。古いメールも読むことができてなんかちょっとうれしく、懐かしい気持ちになりました。

きのこま 500+tax  どんぐり 300+tax

どちらも「回せるものならまわしてみろ~」な独楽ですが、フォルムが可愛らしくて飾っておいても様になります。きのこの形の独楽はヘタの方を軸にします。どんぐりは実の方を軸に。お店やマルシェで見るや否や挑戦するお父さんが続出ですが、だいたいお子さんの方が器用で小学生くらいの子たちが上手に回しますよ。きのこまは弊社で挽物職人歴6年の牛丸君が16歳の時に(現在22歳)デザインして作ったものです。kisshi&buのショップで販売しておりますのでぜひお手に取ってご覧になってみてくださいね。

去年人気だった「いちごま」も制作予定です。でき次第またご紹介させていただきますね。

 

 

2018年1月24日 , BLOG, 木工挽物の器