BLOG

銅版画ワークショップ

やなぎもとなお 器と版画 72候 2日目の今日、1回目の銅版画のワークショップがありました。参加された3名の皆さんの様子をご紹介させていただきます。百聞は一見に如かずということで、たくさんの写真を載せました。2時間のワークショップはあっという間でしたが、内容は濃厚。

なおさんがドイツで学んだバウハウスの話から、素材、工程、人生相談?まで。色々とお話をしながらみなさん初めてとは思えないほど、手際よく作業されておりました。今回ドライポイントという手法での作業は、先生に指導して頂きながらも、ほとんどが生徒さん自身で作品を手掛けることができるので本当にオリジナルなものができます。

版画用の手漉き紙はフランス製でコットン素材です。インクの乗りを良くするために3日間湿らせてあるので、乾かせてマットに入れてからお渡しになります。版はお持ち帰りいただけるので、インクがあれば何度か刷ることができるそうです。

ご自分の作品のように参加された方の銅板画を愛でるなおさんの姿が印象的でした。次回のワークショップは11日の13時からになります。ひきつづき銅版画展は14日まで開催しております。明日からは気温も安定するようですよ。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

【作家在店日】
8日(火) 9日(水) 11日(金) 13日(日) 14日(月)
【ワークショップのご案内】
銅版画ワークショップ、コーヒー付き。定員4名程度(参加費5000円要予約)

11日(金)13:00~15:00  御あと 1名様 受付終了いたしました。有難うございました。

【お問い合わせ】
静岡県静岡市清水区入江1-16-12
岸本挽物製作所 Kisshi&bu 10:00~17:00
電話  0543662791
メール kisshi@sf.tokai.or.jp
HP  http://kisshiandbu.chu.jp