BLOG

静岡のある暮らし

静岡伊勢丹7階にて開催中の「静岡のある暮らし」今回で3回目となります。岸本挽物製作所より岸本真紀と笠間しのぶとして参加しております。いつもそれぞれの名前で出展させていただけるので、それだけでも違った感じの展示になりますね。以前するがクリエイティブという団体に所属しており、その時にデザイナーさんやクリエーターさんなどにご指導いただいて、「作っている人の顔が出すことでお客様のニーズにこたえる、」といったことが今わたしたちの物づくりに繋がっていると思います。作家活動とはまたちょっと違う「職人肌」のクリエーター集団、といったところではないでしょうか。それも静岡、の。

いつもこの展示会でお邪魔している7階で21名の作品が一堂に並んでおります。昨日は一日お店におりまして自分たちの作品以外のものを興味深々で見せていただきました。お客様も大勢お見えになり、「これどうかしら?」と声を掛けられるたびに一緒に選べてとても楽しかったです。買い物大好きBUですので、一緒に自分も買ったような気分になれて物欲解消しました!

つまり、よいものを気持ちよく誰かが買ってくれば自分が買わなくてもいいんじゃなのか。。と思うくらいです。笑

物欲は満たされていましたが、食欲は変わりでは否めません。ということで恒例のイセタンランチタイム!今回は花茶さんというお店に入りました。14時すぎだったのにランチがあってラッキー。五穀米の野菜カレーを食べましたよ。美味しかったですボリュームもありました。

お財布応援かかくで980円でした!(でも実際は伊勢丹のIカードのポイントで食べたのでただ食いです)毎回思うのは、伊勢丹にはセレブ感あふれる母娘が一緒にお茶しておられるシーンをよくよく見かけます。そしてうちでは想像もしない会話が聞くともなく聞こえてきて、異次元にいるようです。その店その店で会話のパターンってあるような気がしますが「デパート」ならではの会話ってありますね。ちょっと背伸びできて嫌ではないです。でも結局のところレトロ喫茶や食堂が落ち着く。。

売場の方は塩澤さんの曲げ物のメンパのお弁当箱が売り切れ。駿府楽市さんにもあと2個しかないそうです。バターケースはいくつかあります。藍染の伊藤さんのストールが好評。光後さんのトンボ玉アクセサリーも人気です。毎日作り手が店頭におりますのでぜひお声がけくださいね!

静岡県静岡市清水区入江1-16-12
岸本挽物製作所 Kisshi&bu 10:00~17:00
電話  0543662791
メール kisshi@sf.tokai.or.jp
お休み 土日祭日
HP  http://kisshiandbu.chu.jp

 

2018年3月30日 , BLOG, お知らせ, 木工挽物の器