BLOG

decoration table

高付きの器、ケーキプレート、コンポート、なんていう方もいらっしゃるこの「飾り台」。調べてみると海外では[decoration table] と言うそうです。カジュアルウエディングやホームパーティーの画像には必ずと言って良いほどお花やキャンドルを乗せたこの[decoration table]なるものを見かけます。見てるだけでもうっとりです。

*decoration table    9800+tax  size 150mm×125mm 材質ブナ オスモオイルクリア仕上げ

*pearbalance           2500+tax                                      材質ウォールナット オリジナルオイル仕上げ

キャンドル作家さんからのリクエストをきっかけに制作。なんども試作を重ねて出来上がりました。特に今回のこだわりは器の脚にあたる部分です。

弊社2代目全盛の昭和30年代から40年代の挽物産業を象徴とする家具のデザイン。なめらかな曲線とメリハリのある削り、挽物ならではのシンメトリーが陰影を作ります。制作するにあたって通常刃物はフルオーダーなのですが今回はビンテージの刃物を加工しなおし、作品ができました。

キャンドルを乗せたいとお聞きしていたのでバランスを考え、上皿は150㎜下皿100㎜高さ125㎜、デザインは玉縁にしました。制作のきっかけとなったnimamecandleさんはマルシェなどでキャンドルを飾りながら販売中です。弊社主催のイベントおさんぽてんうえをむいてあるこうにも出店されます。kisshi&buの店頭にもございます。

岸本挽物製作所では可能な限りお客様からのオーダーをお受けしております。その際、木の性質上お時間がかかることがございます。プレゼントなどお日にちが決まっているものにつきましては、お早目にご相談ください。

 

2017年9月13日 , BLOG, 木工挽物の器