BLOG

静岡市立清水入江小学校

静岡市立清水入江小の5年生が工場見学に来ています。大きな工場と町工場の違いを学ぶ為に4クラスがそれぞれ、約2時間ほど体験したり質問したり。百聞は一見に如かず、60年のベテランの2代目政男さんに「ダライ」を習ったり、6年選手の職人、牛丸君に量産の機械を触らせてもらったりと、子供たちは少し緊張していたようです。それでも、木が削られていき、丸柱がみるみる出来ていく様子に歓声が上がっていました。

ショップでは3代目にあたる現代表の岸本真紀が木工挽物について歴史やどんなところで使われているかなどを説明しました。子供たちからは積極的な意見が出ていて、「なぜ清水で挽物をやっているのですか?」「どのくらいの収入がありますか?」などシンプルで大人には難しい質問が次々と。

今回の授業の肝は大企業と中小企業の違い。ちいさな町工場が何を作っていて、どんな役割を果たしているのか、将来を支えていく子供たちには「職人」はどう映ったのかとても興味を持ちました。

5年生のみんなの心のように、パンパンに膨れた横断バックがとてもとても印象的でした。

 

静岡市清水区入江1-16-12

岸本挽物製作所 0543662791

ショップkisshi&bu 10:00~17:00 平日OPEN

2017年11月20日 , BLOG, 木工挽物の器