BLOG

横浜人形の家とこどものうつわ展に行ってきました。後半

 


横浜人形の家の可愛らしい民芸品に後ろ髪を引かれつつ。blogも後半に入ります。もう一つの目的、目黒区駒場にある、ギャラリーPartyさんでのこどものうつわ展の初日に向かいます。横浜からは急行で新宿まで約30分。京王線に乗り換えて15分。予定通り駒場東大前に着きました。こどものうつわ展には何度も伺っているので、駅をみたらほっとしました。まわりは住宅地でもあるけれど学校や公園が多いので、せかせかしてなくて、ほっとする街です。夫婦二人で来たのは初めて。時間も順調だしお昼ご飯前に行きたいところがありました。

日本民藝館

何年も来てなかったので、さらに新鮮な気持ちで門を開けました。中は写真はNGです。一言感想を言わせてもらえば。柳宗悦の行動力。まじリスペクト。ってことです。主に工藝と言われるジャンルと民藝と言われることの違い、そして藝術というもの。みなさんも何が違うんだろう?って思われたことあるのではないでしょうか。数々の名言の中で

名もなき職人が実用のためにつくり

庶民の日常生活の中で

使われてきたものこそ美しい。

という言葉は私自身、大変励まされる言葉です。奇をてらうものではなく、日常に寄り添うものに光を当ててくれた方と言っても良いのではないでしょうか。今回の企画展示は「直観」正にその審美眼に触れることができます。建築や調度品も素敵ですし、ギャラリーショップもあるのでお好きな方はぜひ。もちろん静岡の人間国宝芹沢圭介氏の作品もあります。

いいもの観た~。と余韻に浸りながら駅前のお蕎麦屋さんで鴨南そばとから揚げ定食を食べた後、やっとpartyさんに到着。

変らない笑顔でオーナーの坂根さんが出迎えてくれました。「今日は初日なのにのんびりスタートよ」と言ってお茶を頂いていると、あれよあれよとお客様が何組も。私たちのうつわをご購入して頂いたり、お客様とお話ししたり、あっという間に2時間過ぎてしまいしました。残念だったのはたい焼きやさん「雅にい」がお休みだったことと お隣にできたカフェ GRATBROWN Roast and Bake  がお休みだったこと、、、期間中ぜひみなさんは行ってみてください!

こどものうつわ展
2019年3月2日(土)~9日(土)
午前11時〜午後6時
(最終日5:00pmまで)
会期中無休

大隈美佳 石川覚子 伊藤菜穂子
笠間しのぶ 萩原千春 山口利枝
岸本真紀 里見裕子  佐藤綾子

うつわparty

オーナーの坂根さんのごはんとうつわの写真がものすごく素敵なHPです。ぜひご覧ください。オンラインショッピングも出来るのでありがたいです。

駒場を出て、バスタ新宿に行く前にちょっと下北沢に寄り道。ストリートファッションを堪能しました。それでも9時半には清水に到着。こどもがいないと東京は近いですね!(笑) とはいえお留守番の息子二人を見てほっとした一日でした。