BLOG

オーダーメイド

雨の春分の日の後、今週は暖かな週末となりそうです。この春、ご卒業された皆さん、おめでとうございます。そして、子供たちは春休みに突入しました。小学生は宿題がないので「ひまひま」言ってます。中学生は部活の大会やら新学期の実力テストやら、気掛かりな事があるはずなのに遊び惚けております。良い良い。

今日のblogは「古材があって、何かにならないかしら?」と持ち込まれたオーダーのお品物をご紹介させていただきます。施主様には何度かご依頼されていて、鍋敷き、カットボード、花器など色々と制作させていただきました。その中で弊社の商品化に繋がってご好評いただいたものもあり、勉強になるよな~といつも感謝のお仕事です。

今回の課題も中々。テーマは無く、「お二人が(kisshiとbu)が良いと思えばなんでもいいけど。」と言いつつ、センスの良くお暮しの施主様なので、うーーん。と悩みます。

欅の材は木材を扱っていた施主様のお父様が残してあったもので、かなり古いもので乾燥によるヒビもあり、大きなものはできそうにありません。今回kisshi&buでひねり出したものが

「貝杓子って知ってる?」と施主様に聞かれたことがあったのを思い出し、レンゲを作ってみました。

よくチャーハンを食べるレンゲより一回り大きめのサイズです。煮物を取り分けたりもいいです。マーボー豆腐を食べるのにもぴったりでした。

それと、季節外れの「鏡餅」を試作しました。ちょっと橙が小さかった(笑)要検討です。持ち込みの材料は一般の方だと難しいかもしれません。木のカットする方向や適した材料、乾燥方法、サイズなど、作っている職人にしか分からないことも多々あります。ですが、どうしても捨てられない材料があれば(なかなか無いとは思いますが)一度ご相談ください。何か面白い物に変わるかもしれないですよ。。。

さて週末土日、3月23日24日はお休みいただき、月曜日からまた皆様のお越しをお待ちしております。お問い合わせはメール でどうぞ。

 

 

2019年3月22日 , BLOG, 木工挽物の器